ここだけ情報 MENUHOME
沼津ここだけ情報 不思議発見!
第8回 ひょっこりひょうたん島?
   沼津市牛臥山 追跡レポート!

沼津ここだけ情報取材班は、ひょっこりひょうたん島に見えるという牛臥山を早速キャッチ!
近くで見ると、こ〜んな山です。我入道付近にあり、昔この辺りは駿河湾の海水が入り込み、この山は島でした。という情報も!
う〜ん、まさに浮き島というわけですよ。
広さ7ヘクタール。2つのコブの高さは、約61.5メートルと約50.5メートル。

 

 
不思議発見!なぜ牛臥山?
なぜ牛臥山?

昔々は山宮山(やまみややま)といわれていましたが、ご覧通り牛が伏せているように見えるため牛臥山(うしぶせやま)に。
この名前は今から150年前の安政(1854年〜1859年)末頃から言われています。
それだけ地元でも親しまれているネーミングなんですね。

またこんなお話も。
日蓮伝説のある我入道(がにゅうどう)の地名も臥牛島(がぎゅうとう)が訛って付いたのではないか!?


島の付近が沖積作用により扇状地が発達して陸地化するにつけて、土地の呼び名になったというわけです。

そう考えるともっと古くから人々に牛臥山は親しまれていたのかもしれません。
《参考資料 沼津三島清水町 町名の由来 辻真澄著》 



沼津アルプスの徳倉山は象山といわれています。
沼津は動物園のようですが、動物にかかわる不思議が隠されていたりして。謎は深まります・・・


さてこの牛臥山には、
こちらの秋葉神社から少しだけ登ることが出来ますよ。


緑が減りつつある街中ですが、
ここの秋葉神社は木漏れ日が心地よくて、
鳥たちが遊ぶ姿も時折見られます。
メジロのすみかになっているんです。

海抜4.0メートルに位置していますし、大雨の時は崖崩れの心配もありますのでご注意ください。



ひょうたん島はすぐ目の前にあります。
しかし、今は人が入りにくい砦です。 岩壁も落石の危険があります。
また海岸もきれいとはいえません。

西浦のひょっこりひょうたん島資料館をつくる計画もありますから、みんなで美しい島?山?にしたいものですね。



現在、沼津市がこの山を買い上げてこの周辺は公園になる計画が進んでいます。
狩野川の河口から牛臥山を含む23ヘクタールが平成20年以降に「我入道公園」になります。
自然を生かした施設整備がすすめられ、牛臥山にも遊歩道ができて近いうちに遊びに行けそうですよ。
頂上まで潜入レポートしたい!

また市民の一部の皆さんから名前も「牛臥山公園」ではという声も寄せられているそうです。
ひょっこりひょうたん島公園になったりして・・・・・・




沼津ここだけ情報 バックナンバー
第7回 いわし朝定食
第6回 幻の長泉メロン!
第5回 らららサンビーチ
第4回 我入道の渡し
第3回 びゅうお
第2回 沼津アルプス
第1回 沼津御用邸
 【第8回 牛臥山】2005年9月取材 
沼津の歴史とイシバシプラザ
沼津今昔物語
生絲ができるまで
 
【イシバシプラザ】 〒410-0055 静岡県沼津市高島本町1-5 tel.055-921-1484 お問い合わせはこちらまで